NEWS

モリノマにはたくさんのヘアカラーメニューがあります。

  • モリノマのカラーメニュー、たくさんありすぎでどれを選んだらいいかわからない
  • 普通のヘアカラーとどう違うの?


そんなご質問も多くいただくので少し説明させていただきます。
今回は主に超低刺激カラーについてです。

一般的なヘアカラーってどんなもの?

まずはモリノマのヘアカラーの前に般的な白髪染め・おしゃれ染めについてご説明します。

一般的なヘアカラー(サロンカラー、ホームカラー共に)は”アルカリカラー”と呼ばれる種類のヘアカラーです。

アルカリカラーとは、1剤(アルカリ剤・染料)と2剤(過酸化水素水)を混ぜ合わせて染めていきます。

髪が染まる原理としては脱色して明るくしつつ、染料で色をつけています。

言いかえると色を「抜く」と「入れる」反対の作用を同時に行っています。
この反対の作用を成立させる副産物として強すぎるダメージや刺激、アレルギーのリスクがあります

モリノマの超低刺激カラーとは?

モリノマの超低刺激カラーは脱色して明るくすることと、染料で色をつけることをあえて別工程で行います。

明るくしながらもダメージや刺激・アレルギーなどのリスクを少なくするモリノマオリジナルのハイブリッドカラーです。

黒髪のままは嫌だけど地肌や髪のダメージにお悩みの方におすすめです。

ノンジアミンカラーも可能なのでカラーアレルギーの方や予防したい方も安心してヘアカラーができます・

実際に染めていく工程は以下のイメージです。

工程① ノンジアミンライトナーでトーンアップ


独自の調合でダメージを10分の1以上抑えながら黒髪を明るくしていきます。
この時点で色は入りません。染料なしで明るくすることだけを先に行うことがポイントです。

地肌にアルカリ剤をつけないので、刺激もほとんど感じません。
通常のアルカリカラーを地肌にベタ塗りにすることは出来るだけ避けたいです。

1回目の染めあがり
この時点で白髪は染まっていません。
黒髪が明るくなっていますが、ほとんど傷んだ感じもなくツヤ・ハリコシもキープされています。
脱色と色を入れることを別工程にすることで髪と地肌の負担がかなり軽減されます。

工程② ヘナやカラートリートメントで色素補正

白髪染めはへナ・アロマカラー・ザクロペインター、おしゃれ染めはカラートリートメント等。
ご希望の色や求める安全度によって染料となる薬剤が選べます。
画像はへナとインディゴのミックスハーブを塗っています。


それぞれのメリット・デメリットをしっかりご説明したうえで施術に挑みます。

染まりあがり

へナを用いたノンジアミンカラーです。柔らかい色の発色で髪のハリコシアップ。

髪と頭皮に優しく自然な明るさにトーンアップできる超低刺激カラーは髪と地肌を大切にしたい方におすすめです。


始めてご来店の方はご自分で低刺激カラーか超低刺激カラーどちらを選ぶべきかわからないと思います。
担当のスタイリストがご要望や髪と頭皮の状態など見させて頂き一緒に決めていきます。

ぜひご相談くださいませ。

\LINE相談はコチラをタップ/

友だち追加

お電話でのご相談も受け付けております

0662641000

2021年10月13日
カテゴリー

コメントは受け付けていません。

mori no ma

〒541-0053
大阪府大阪市中央区本町4丁目6-25 S-Crea御堂筋本町2F

ご予約はお電話もしくはLINEにて承っております。